UPDATES

リモートワーク・子供の勉強に最適な姿勢を守る椅子とは?埼玉でお試しできます

リモートワークで知らないうちに体に負担を掛けていませんか?

いつもお世話になっております。
2020年、新型コロナウイルスによって生活環境がガラリと変わってしまいましたね。まずは公立校の一斉休校によって子供たちは自宅で勉強をするように、大人たちもリモートワークの導入によって家庭で仕事をすることが増えました。

学校の勉強もリモートワークも多くの方は「デスクワーク」の時間が多いのではないでしょうか?しかし、会社の椅子や机と違ってご家庭にある椅子は食卓用であったり、ソファであったり、デスク用であっても机と椅子の高さがあっていなかったり、長時間の作業には向いていないものが多く、身体に大きな負荷をかけてしまっているのです。

肩こり・腰痛・眼精疲労はデスクワークが原因

日本では90%の人が腰痛を経験し、10人に1人は常に腰痛に悩まされているのだそうです。そして、肩こりの症状を訴える人は60%以上いるのだそうです。なぜ、こんなにも日本人は首こり・肩こり・腰痛に悩まされるのでしょうか。

これはもう「座りの姿勢」に原因があると言い切ってもよいでしょう。日本人の多くの方はオフィスでデスクワークをしていますし、車の運転も椅子に座った姿勢で行います。子供たちも小・中・高校とずっとデスクワークをしています。子供のうちは身体が柔らかいので、凝りを感じることは少ないかもしれませんが、負担がかかっていないわけではありません。

デスクワークや勉強では椅子に座って、机を見下ろす前傾姿勢になる時間が長いですよね。これは、人間の体の中で最も重いと言われる頭蓋骨と脳みそを、首・肩・腰の筋肉で引っ張って、なんとか宙に浮かせている状態です。

例えば、釣り竿に大きな魚がかかった時、大きくしなりますよね。そしても手元にはずっしりと、がつーん!と重さを感じることができます。釣りが好きな方にとってはたまらない瞬間ではあるのですが、腕が痛くなることもしばしば。デスクワークはそんな高負荷な状態を首・肩・腰で1日中支えているのです。

正しい姿勢で座れば負荷は軽減するけど・・・すごく疲れる!

正しい座り姿勢は腹筋が疲れる

椅子やソファに座るとき、首こり・肩こり・腰痛を軽減するためには、「腹筋」を意識して、背筋をピンと伸ばしてまっすぐ座る必要があります。このとき、背もたれに背中は付けません。

と説明されても、写真やイラストでみても自分の感覚とは合わないこともよくあります。そんなときは姿勢矯正クッションを使うのもよいでしょう。私も会社では、体圧分散クッションをお尻の下にひいて使っています。

しかし、万能に思えるクッションにも落とし穴があるのです。正しい姿勢に導いてくれるのはとても良いことなのですが、「腹筋」を自然と使う姿勢にされるため、とても疲れます。背筋は伸びますが、腹筋の疲れを我慢できなくなり、デスクに肘をついてやってはいけない「前傾姿勢」になってしまうことも。

これでは本末転倒ですよね。

背骨を正しいS字に保ってくれる椅子

アーロンチェア

そこで、デスクワークには専用の椅子があります。背骨や腰の筋肉を正しい位置で支えてくれるオフィスチェアには「ランバーサポート」という機能があります。

例えば、オフィスチェアでもっとも有名で評価も高いものがハーマンミラー社のアーロンチェアです。ランバーサポートだけではなく、座面の角度調整などの機能もあり、インターネットでは高評価のコメントがあふれています。間違いなくおすすめできる商品でしょう。

しかし、アーロンチェアはとんでもなく高価なのです!

良いものは高い。アーロンチェアは20万円以上します。仕方がないことではありますが、デスク用の椅子に20万円も掛けられない家計だって仕方がないことです。私は買えません。

また、アーロンチェアはとんでもなく重いです。そしてもメタルカラーのギンギラギン。まさに、洗練されたオフィスに置くために開発された椅子であって、家庭用には正直、向いていません。多くの方の家は木製のフローリングの床と、白い壁紙でしょうからインテリア的にも合わせることも難しいですね。

姿勢に優しい自然素材の木の椅子

20万円も掛けられないし、ギンギラギンの椅子を家には置けない。普通はそうです。だから、木製で自然素材を使っていながら、姿勢を正してくれる背もたれを持った椅子を見つけてきました。それが、アップライトチェアです。

これならば、家庭においても違和感もないし、研究しつくした背もたれが正しい姿勢をサポートしてくれます。リモートワークにも、子供の勉強にもぴったり。

アップライトチェアは3つ曲線で背中の正しいS字姿勢をサポートしてくれます。

(1)背骨をS字カーブへと導く、タテの曲面
(2)背筋を休められるヨコの広い曲面
(3)骨盤を支える、もうひとつのヨコ曲面

子供から大人まで、身体に合わせて使える椅子

アップライトチェアは座面と足置きの高さを14段階で、調整することができます。適用年齢は生後7か月から大人まで。成長する子供の姿勢を守りながら、大人になっても正しい姿勢でデスクワークができるので、身体への負担を最小限に抑えることができます。

よくある学習机のように中学生になったら低すぎて使えなくなってしまった・・・。ということがありませんので、長期的にみると非常にリーズナブル。

豊富なカラーバリエーション

本体のカラーは全10色。さらに座面の布地も変更することができます。ご家庭のインテリアに合わせて、または、年齢や気分に合わせて選ぶことができます

お子様と一緒に埼玉でお試しできます

靴などもそうですが、椅子も本当に自分の体に沿った曲線になっているか、お店に行って試してみないとわかりませんよね。

アップライトチェアが周辺の家具店に置いていない場合には、当社(埼玉県)でアップライトチェアのお試しを無料で行っておりますので、どうぞご活用ください。

弊社では、お客様と住宅設計のお打ち合わせを行う場合に、小さなお子様にはアップライトチェアを使って頂いております。住宅設計のお打ち合わせは1時間以上になることも珍しくありません。

しかし、やはり体に負担が少ないからでしょうか。無意識に心地よいことがわかるのか、アップライトチェアに座ったお子様は一時間以上いやがることなく、お絵かきやぬりえをしたり、おもちゃで遊んだり・・・ずっとご機嫌で遊んでいます。

安心の日本製・自然素材のアップライトチェアで姿勢を守りましょう

お子様の身体を守りつつ、勉強に励み、大人になってもリモートワークの疲れを和らげることができるアップライトチェアを自信をもってお勧めいたします。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

弊社では、アップライトチェアのお試し以外にも住宅づくりの基本セミナーや、住宅ローン・資金のご相談も無料で承っております。埼玉県で創業し20年の実績をもって、なかなか人には聞けないお悩みに真摯にお答えさせていただきます。

関連記事一覧

New Posts