シズヤデザインノイエ

0120-842-005 【営業時間】9:00〜19:00
0120-387-964 【資料請求専用】24時間受付

理論的なパッシブデザインとは?

論理的なパッシブデザインとはなんでしょうか?

1)冬と夏の室温目標を決める

2)地域の寒さに合わせた断熱性能を確保する

3)熱貫流率や日射熱取得率を理解して仕様を決める

4)設計のために外皮性能値を算出する

5)日照、日影をきちんと検討する

6)風が通る確率を上げるための根拠を持つ

7)冬の晴れの日に室温が十分に上がる南の窓を作る

8)理想的な動く窓を考える

 

当社の営業範囲内は、浦和周辺地域で、地域区分は5地域になります

5地域の Q値目標は、         1.6

5地域の Q値の最低レベルは、     1.9

当社は、この地域に合わせた断熱性能を上記のQ値を目安として

バランスよく設計をしていきます

 

パッシブデザインの設計 5項目

パッシブデザインは次の5項目について検討し設計を進めていきます

1)断熱

2)日射遮へい

3)自然風利用

4)昼光利用

5)日射熱利用暖房

目指すのは、とにかく

「冬暖かく、夏涼しく、風が通って、明るい」

の 全てが実現 できる家

そのために

「地域の気候」

「敷地条件」

「住まい手の要望」

にあわせて、この5項目の 最適解 を求めていきます

1)と 5)は、冬に向けてのパッシブ

2)と 3)は、夏に向けてのパッシブ

4)は、通年のパッシブ

こうして考えてみますと

1)の断熱は、要素としてはあまり大きくないですね

やはり

5つの項目をしっかりと検討して、バランスよく設計した家が

快適 と 省エネ性 を合わせ持つ

人が生活する場所として相応しい家になるはずです

 

 

パッシブデザインって、なんだ?

パッシブデザインの定義は・・・

建物のあり方に工夫して

建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を

最大限に活用・調整できるようにし

高い質の室内環境を実現させながら

省エネルギーに寄与しようとする

建築設計の考え方とその実際的手法

ということです

 

建物が存在するその場所の環境特性を理解して

その条件に逆らうことなく

自然エネルギーを最大限に利用できるように建物形状を考えて

理想的な住宅のあり方を現実のものにする

 

住宅設計において、とっても必要な考え方です

当社は、このパッシブデザイン手法を最大限に利用して

お客様の住宅を心を込めてお造りいたします


Warning: include(/home/xsu4318/public_html/knocknote.jp/tmpl/aside.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/xsu4318/public_html/neue/wp-content/themes/shizuya-design-noie/archive.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/xsu4318/public_html/knocknote.jp/tmpl/aside.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php53/lib/php') in /home/xsu4318/public_html/neue/wp-content/themes/shizuya-design-noie/archive.php on line 24