壁と床

  • HOME
  • 身体に優しい標準仕様

壁材

標準仕様の自然素材

壁の塗料や素材まで、自然のものにこだわる!
化学物質を含まず健康に良いだけでなく、脱臭効果や高い吸湿性があったりと機能性にも優れた天然素材の壁材。neue.CASAでは、空気のこもりやすい押入れの中まで天然素材にこだわっています。
 

沖縄の綺麗な海から許可を得て採取された、砂や泥など不純物の混じっていない「風化造礁珊瑚」を原材料とした天然の塗り壁材です。 珊瑚の特徴は、多孔質で調湿・消臭効果に優れていること。ホルムアルデヒドなどの揮発性有害化学物質を吸着、たばこやトイレの匂いを吸って、キレイな空気を出してくれます。 また、洗面所などの湿気を吸収し快適な湿度を保ちます。夏は湿気を吸収し、乾燥する冬は水分を放出する、まるで家全体が呼吸をしている感じを体感していただけます。 さらに、マイナスイオンの発生効果も注目されています。

99%ミネラル成分の粘土と、天然白色珪藻土でつくられた塗り壁材です。抗菌効果に優れ、健康被害を及ぼす食中毒菌の繁殖を抑えることから、病院や学校の食堂などにも多く使用されています。また、天然ミネラル成分がタバコやペットの匂いなど生活臭を吸着し、消臭や調湿効果もあります。木の家にぴったりのナチュラルな色合いで、20色以上から選べるカラーも人気です。

京都の織物工場でつくられた布壁紙で、押入れ中の壁に使用します。押入れは、普段戸がしまった状態なので24時間換気が効きません。
また、大抵の住宅ではベニヤや輸入された桐を使用している為、建材特有の匂いや有害なガスがこもりやすく、布団や衣服に染み込んでいます。neue.CASAでは、押入れの中の床・棚・枕棚には無垢材を使用し、壁にはこの布壁紙を貼ります。壁紙を貼り付ける際も、ボンドは使わずじゃがいものでんぷん糊を使用します。天然素材でつくられた押入れは嫌な臭いが一切なく、お部屋同様に調湿効果にも優れた快適な空間になります。

床下の防蟻

標準仕様の自然素材

防蟻の素材にも、人と環境に優しいものを厳選
防蟻剤には天然素材で炭を使っています。床下など空気の通り道は、見えないけどこだわるべき重要なポイントになります。
 

特殊微粉末木炭と天然鉱石を配合した、天然素材の防蟻剤「レーベン・キュアー」。シロアリを殺すのではなく、寄せつけない忌避効果が抜群です。また、加熱しても有毒ガスが発生しません。人体に影響はなく、環境にもやさしい塗料です。他の防蟻剤には虫を寄せ付けない効果のみですが、レーベン・キュアーは調湿効果もあり、床下の湿度にあわせて湿気を吸収したり放出したりという性質をもっており、湿気による腐食 からも家を守ります。