木材

  • HOME
  • こだわりの無垢の木材

neue.casaでは自然素材の木材にもこだわって家づくりを行っています。
本日は一部の木材ラインアップをご紹介します!

木材は、厳選した本物の”無垢材”を使用

無垢材とは、「純粋無垢」という言葉の通り、「自然そのもの」の木材のこと。「集成材」が木板を接着剤で張り合わせてブロック状にした木材であるのに対し、「無垢材」は丸太から切り出したままの自然な状態の木材です。

座ったり寝転んだり、小さい子供が触れる場所だからこそ、接着剤など化学物質を含む素材は一切使用せず、肌ざわりも良く心地よい、自然そのままの状態の木材を使用します。

吉野檜(よしのひのき)

奈良県吉野檜の中でも、約10枚に対して1 枚しか取れない無節を標準使用としています。芯が円心にあり曲がりが少なく、年輪幅が適度に細かく均一で色艶があります。年輪幅が細かく均一であるということは、そのまま強度が高いというこのにも繋がります。

天竜檜(てんりゅうひのき)

建具及び建具の枠材には、静岡産天竜檜(てんりゅうひのき)を使用します。多くの住宅の建具は、塩化ビニールのベニヤ板をボンドでくっつけている為、どうしても体には良くありません。neue.CASAでは、家中の扉は全て無垢の建具を使用。抗菌作用のあるヒノキチオール成分による美しいピンク色の木目が特徴で、年月と共に、天然の木材ならではの色の変化も楽しめます。

飫肥杉(おびすぎ)

飫肥杉のリブ加工とは、手間暇をかけて一枚一枚に溝を掘る加工方法で、主に天井材として一面に使用します。溝があることで光の当たり具合で見え方が変わり、デザイン性に優れています。和室に多く使用され、天井から降り注ぐ森林浴のようなリラックスした雰囲気を演出します。

飫肥杉浮造り(おびすぎうづくり)

宮崎県の飫肥杉の中でも約10枚に対して1枚しか取れない「無節」を標準にしています。杉は柔らかくクッション性が高いことから、小さな子どものいるご家庭から年配の方まで幅広くご使用いただけます。熱伝導率が低いため冬も冷たくならず、床暖房なしでも裸足のままで快適。浮造りの特徴である年輪の凸凹感が足の裏を刺激し健康にもよく、竹ふみしているような心地良さも人気です。

その他の無垢材

その他にも、桜・楢(ナラ)、パイン、栗、ハックベリー…それぞれ特徴のあるこだわりの木材を多数ご用意しています。木の特徴を熟知したスタッフが、使うお部屋や雰囲気に合わせて提案いたします。

塗料ももちろん、天然素材

床や天井にいくら無垢材を使っていても、施工する際の内装剤やコーティング剤に化学物質を使用していては意味がありません。neue.CASAではこうした細かい材料も、とことん天然素材にこだわっています。